老眼は早い段階で対策が必要|初期症状を大公開

目の老化現象

メガネとコンタクト

目の老化の症状

文字が見えづらいと感じるようになったら老眼かもしれません。老眼は、40歳前後ぐらいから始まる目の老化現象で、初期症状としては、近くのものを見る時にピントが合わない、目が疲れるなどがあります。他にも小さい文字を見る時に少し遠くに話すと見える、明るい場所は見えるが暗い場所になると見えないなどもあります。近眼や近視の方でも、パソコンやテレビを見る時にメガネをかけているのに、スマホの文字や画面は見づらいと感じメガネをはずす方は老眼かもしれません。老眼の原因は、加齢、目の使いすぎなどが考えられます。最近では、パソコンやスマホの見すぎで目を使いすぎて30代や子供も老眼の症状がでる方が増えているので、初期症状を感じたら治療をお勧めします。初期症状が現れたら、まずは眼科に行き、検査をすることが良いでしょう。目の状態を確認して、目に合ったメガネや老眼鏡をかけると目が楽になります。また、目を必要以上に使わないことや、1時間に1回は休めるなども意識することが重要です。初期症状の目の疲れから、頭痛や肩こりを感じる方も少なくないので、ホットタオルなどで目を温める習慣をつけましょう。目薬や瞬きをして、目に潤いを与えるのも効果的です。寝る前はパソコンやスマホをしないなど、目に負担をかけないように、見えにくいものを無理に見ないことです。見えるようにメガネを調整したり、遠近両用のメガネをかけるなどの工夫をしましょう。老眼かもしれないと感じた時が初期症状ですので、見過ごさないように注意して下さい。

To Top